ホーム  >  購入の流れ

はじめに…

不動産を購入するのには、ご希望の地域、広さ、価格、物件の良し悪し、税金関係など、いろいろ知っておきたいことがあります。自己資金の割合、ローンの借り入れができる金額。そして、その支払いはどのようになるかなど、不動産購入の流れや知識を身に付けることで、よりスムーズなご購入が実現できます。
私たち千里ホームは、不動産購入取引において、買主様がベストな選択をできるよう、買主様の立場に立って、手助けいたします。豊かな経験と専門知識を活かし、いろいろな手法を駆使して、買主様が最良の選択をできるようサポートさせていただきます。

さぁ~、住まいを購入しましょう!

「住みたい街に、予算に合う家がない」「敷地条件が厳しく、思ったような家が見つからない」など、どんな夢でも実現するまでには、さまざまな多難が付きまといます。
そんなとき、妥協したり、あきらめないでください。また、そんなときには、ご相談ください。何らかのカタチでお客様の夢のカタチを、私たち千里ホームが実現してまいります。

購入の相談
不動産を買おうと思う動機は人それぞれですが、一生涯で一番高い買い物ですから、購入から入居までの流れをしっかり把握しておきましょう。
さらに、より良い不動産を買うには、経験豊富な専門家が必要です。パートナー選びも重要な鍵となります。私たち千里ホームにお気軽にご相談ください。
資金計画
諸費用の把握
不動産購入時には、さまざまな諸費用が必要となります。物件により異なりますが、だいたい価格の5 ~ 10% が目安です。

自己資金、借入額と返済額の把握
不動産購入以前に自己資金、借入額を把握しておく必要があります。その上で、ご自身の返済能力を知りましょう。金融機関により住宅ローンの商品や優遇制度があり、お客様のライフスタイルなどを考慮して、選択しましょう。背伸びせず、身の丈に合った無理のない資金計画を立てることが重要です。
物件が中古か新築か、あるいは取引形態(仲介・代理・売主)により、諸経費は異なります。基本的な諸経費について、ご紹介します。

契約時 ・手付金 ・印紙代 ・仲介手数料の一部、他
引き渡し時 ・登記関係 ・固定資産税 ・管理費等 ・ローン関係 ・保険料
・仲介手数料の残金、他
引き渡し後 ・固定資産税 ・都市計画税 ・不動産取得税 ・引越費用、他
希望条件の整理
購入目的の明確化
初めての不動産購入は、希望と夢が膨らみます。しかし、なぜ?住まいを買うのかを再認識してください。購入動機を紙などに書き明確化することで、迷うことなく本来の目的を失わずに、納得できる不動産購入が可能となります。
希望条件の優先順位
やみくもに物件を見ても迷うだけです。比較検討する物件を選ぶ上で、こだわりたい条件や絶対に譲れない条件など、希望条件の優先順位を整理しましょう。
あくまでも小手先の感情に流されず、論理的に物件選びを行うことが、後悔しない間違いない方法です。
物件情報の収集
物件情報は、さまざまなメディアから得ることができます。物件情報誌、新聞の折込チラシ、ネットなど。
その中でもネットはたくさんの情報をより早く集めるに最適です。わざわざ、不動産屋さんに行かなくても物件情報が得られるのがメリットです。
しかし、やはりプロの判断を仰ぎましょう。気に入った物件がありましたら、私たち千里ホームにご相談ください。
現地見学
気に入った物件が見つかったら、私たち千里ホームとともに、現地へ足を運びましょう。
「百聞は一見にしかず」周辺の環境や交通機関、日当たりなど、チラシやホームページではわからないことが、実際に物件を見学し体感すると、いろいろなことがわかってきます。手間ですが、実際の生活を想定して、交通機関を利用したりするのも、おすすめする方法です。少し面倒ですが、たくさんの物件を見学することが、より良い物件選びの方法です。

物件を見学するのチェックポイント
【建物編】
1. 広さ・間取りが買主様の希望条件を満たしていますか?
2. 建物の基礎・躯体はしっかりしてますか?
3. 建築後の年数と管理はどうだったでしょうか?
4. 内装・設備に問題や不都合はありませんか?

【周辺環境】
1. 交通の利便性はいいですか?(駅までの所要時間・混雑状況など)
2. 生活関連施設は充実していますか?(公園・学校・病院など)
3. 立地に問題はありませんか?(商業地域・工業地域・埋め立て地など)
4. 日当たりはいいですか?(南側が大きな建物など、日照に問題はないでしょうか?)
5. 駐車場はありますか?(マイカーがある、購入予定の方はチェックしてください)
購入申込
売主様への購入の意思表示・契約条件の提示
物件の購入を決断されたら、購入申込書を書きます。売主様へ購入の意思表示の買付け書を送ります。原則、買付け書の受け取り順番により購入の優先順位が決定します。売買は購入の意思表示することによって契約書と同じ効力を持ちます。
購入申し込み後のキャンセルは売主様に対して重大なマナー違反になります。購入申し込みは契約書のつもりで臨みましょう。
重要事項の説目鵜・不動産売買契約の締結
1. 購入物件の重要事項を宅地建物取引主任者が書面にてご説明します。
2. 不動産売買契約を締結し、買主様は手付け金を売主様に支払います。
3. 不動産売買契約締結後、記載内容に基づき双方の権利、義務を履行します。

【契約時に必要な物】
・実印
・手付金(現金を用意)
・印紙代(売買金額により異なります)
・仲介手数料の半額(別途消費税が必要です)
・住宅ローン申込書類、他
住宅ローンの申込・金銭消費賃借契約の締結
私たち千里ホームが買主様のライフスタイルを考慮し、住宅ローンのプランニングをご提案します。
住宅ローンの申し込みを行い、金融機関の審査を受けます。審査が通り融資内定を得たら、金融機関と金銭消費貸借契約を締結します。融資の内定を得られれば、ほぼ確実に融資を受けることができます。
私たち千里ホームが金融機関と提携している住宅ローンをご紹介いただけます。
残代金の支払い・物件の引渡し
司法書士立会いのもと、登記に必要な書類を提出します。所有権の移転可能を確認すると、買主様は不動産売買の残代金を支払います。支払い後、物件(鍵)の引渡しが行われます。
事前に、私たち千里ホームより必要な書類、金種の説明を行います。それに従って、ご準備してください。
購入完了 ~ 入居
いよいよ、入居のご準備です。
引越し時、住民票の移動、各機関(各金融機関、学校、自動車等免許、資格など)への住所変更の届出を行います。
引越し前には、今までのライフライン(電気、ガス、水道、電話、CATVなど)の停止連絡、新住居でのライフラインの開始連絡を行います。特に、冷暖房設備工事の設置時期を事前に考えておいてください。
引越しに関しましては、思わぬ落とし穴があるものです。メモ用紙などにやるべきことを羅列し、ひとつひとつ潰していくのが忘れないポイントです。ご近所への挨拶まわりもお忘れなく。
余談ですが、お世話になったご近所への挨拶もお忘れなく ♪

ページトップへ